子供成長にあわせた庭

子供と遊べる庭と言っても、年齢や季節によって遊び方が変わってくる。
まずベースとして設置する場所はリビングの正面に設置することが望ましい。アプローチのしやすや大人の目が届きやすいからである。大人が少し休憩するときにリビングに面していれば休憩中であっても子供の様子を見ることができるためである。一緒に縁側で庭を見ながらジュースを飲んだり、お菓子を食べたりもできる。
そして全体的にフラットであり段差のないようにしたい。幼少期は小さな段差でもつまづくこともあり、前を見ないで走ったりすることもあるからである。リビングとフラットだとなおいいが、なかなか難しい。なるべく段差を低くしてステップやスロープが設置してあると嬉しい。
床面は人工芝でも構わないので柔らかい材質であるほうがいい。万が一転んだ場合も安心であり、寝転がったりすることもできる。
天然芝は憧れではあるが、手入れがとても面倒であり子育てをしながらメンテナンスするのはとても容易ではない。
タイルやコンクリートは子供が成長した後に自分で設置することができる。逆に撤去するにはとても難しい。


また、床面が緑であるだけで夏場は涼しく感じられる。冬場は凍結の心配はない。
これはできればであるが庭の隅でもいいので、木を植える。
子供と共に成長を感じられ、四季も感じられる。
昆虫が苦手な親には難しいのと、道路に面していると弊害が発生するので植える場所はよく検討が必要ではある。
広さに余裕があれば砂場があると嬉しい。自身のそうだが、息子も意外と砂場で多く遊ぶことがある。
ただ、砂場のデメリットは家に持ち込まれて汚れることもあり庭自体に砂が散乱し全体的に汚く恐れがある。
ただ、子供の成長にとってはとてもプラスになるとは思う。
子供の成長にあわせて変化してくことも大事であり、子供もいつか成長して出て行ってしまうので、自分のプランニングも考慮して設計することが大事である。
子供のためであり自分のためでもある庭づくりをしていくと、ずっと一緒に遊ぶことができる庭になると思う。